ペット保険

保険~ペット保険~情報サイト

ペット王国、日本

ペット保険はペットが病気や怪我をした際に使用する保険です。ペットの医療費はかなり高額のため、病気や怪我の際には大いに役立ちます。日本は世界でも類を見ないペット王国でもあります。
日本の犬猫飼育数は2009年度で22,343,000頭で依然と高飼育率を維持しています。2007年以降は飼育率に大きな変はなく、この高飼育率となっていますが、アンケートによりますとペットを飼いたいと考えている方は飼育率の倍の数字が出ています。まだまだペット市場は発展途上にあり、大きなマーケットが潜在していることがあります。
またこの結果は犬猫に関してだけですので、魚やは虫類や鳥などを含めるとさらに大きなマーケットになると考えられます。この22,343,000頭と言う数字には外猫は含まれていませんので、外で放し飼いにして飼っているペットは数に入っていませんので、それらを加えるとさらに大きな数字になる事が分かって頂けると思います。

ペット保険の必要性

日本ではたくさんのペットを飼っている人はたくさんいます。それに伴って動物病院も数多くあります。ペットも動物ですので人間同様に怪我や病気などかかります。人間も同じですが、病気や怪我をすれば病院で診てもらわなければなりません。そうすると診察料や医療費がかかりますよね。

日本国民は国民健康保険料を払い保険証を所持しています。病院を訪れた際にこの保険証を提示することで、医療費を全額ではなく一定額のみの支払いとなります。支払いの負担が軽くなるのです。
動物たちも私たち同様に同様に病院にかかれば、医療費がかかります。この医療費は病気や怪我の状況にもよりますが、動物たちの医療費はかなり高額になります。全額負担ではかなりの経済的負担となるでしょう。
しかし、経済的負担が大きいからと言っても家族の一員でもあるペットを見て見ぬ振りはできません。病気や怪我であれば治療が必要です。薬だけでなく手術が必要となりこともあります。手術となるとさらに医療費がかさみます。

こんな時に必要となるのが、私たち同様に保険を活用とすることです。毎月一定の額を支払って、何かあったときの為に備えるのです。